CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
月刊サイクルスポーツではおなじみのフリーライター藤下雅裕氏によるブログ「自転車生活」。
<< 藤下さんの「自転車生活」VOL.388 | main | 藤下さんの「自転車生活」VOL.390 >>
藤下さんの「自転車生活」VOL.389

スラムレッドeTAPを動かしてみました!

 

先週の日曜日のつくばのライド中に、土曜日が一日雨だったので、クルマの少ない裏道を走った時に、運悪く濡れているコケに乗り上げて左折しようとして落車しました。

左肩からどすんと着地して背中と左脚が打撲と擦過傷になり、手も打ってしまい指の関節が腫れ上がりました。

起き上がれましたが、そこからはカンパニョーロのエルゴパワーシフターを操作できなくなりました。

 

スラムレッドのeTAPを取り付ける予定だった、シマノのアアルテグラとカンパニョーロのミキシングコンポのタイムを貸し出しているので、どうしようか考えました。

指先で変速レバーを押すだけで前後メカを変速できるので、ワイヤレスの電動メカ、スラムレッドのeTAPをピナレロのパリへ取り付ける事にしました。

ところが、手が痛くて工具を握ることもできません。

これでは組み込むこともできません。

 

スラムの輸入元のインターマックスの新製品のプレゼンテーションから3ヶ月以上経過していて、会場で取り扱いを教わったけど、細かいことはほとんど忘れていましたから、ホームページでフレームへの取り付け方や、ワイヤレスで変速するための前後メカと左右のeTAPレバーのペアリングの方法も確認しました。

 

とりあえず、専用の充電池2個を1台の付属のチャージャーで、2時間かけてフル充電して準備完了です。

 

ローギヤ側でのリヤメカのインデックス変速の同調の調整。

 

プーリーのローギヤからトップギヤまでのストローク調整。フロントメカの取り付ける角度や高さの調整、アウターギヤとインナーギヤのストローク調整を現物でも確認しました。

自分で作業できないので、お昼に家の近くのふじみ野のスズキの山崎店長に組み替えを頼んで、20時に引き取りにいきました。

フロントメカとリヤメカの取り付け、ドロップバーへのeTAPレバーの取り付け、チェーンの交換、ブレーキケーブルの張り替え、バーテープの巻き替えをお願いしました。

 

山崎店長に、前後メカと左右のeTAP レバーとのペアリングの方法を教えてもらい、変速ストロークの調整ボルトの調整の仕方、インデックス変速の同調がズレた場合の微調整の仕方もしっかり聞きました。

 

今までセットアップしたeTAPは問題なく動いて組み上がったそうです。

まずはリヤメカの本体にあるボタンを押して、緑のLEDが点灯して、点滅したらボタンを放します。

これでリヤメカのペアリングが終了。

次にフロントメカの本体にあるボタンを押して、緑のLED が点灯して、点滅が始まったらボタンを放すと前後メカ側のペアリングが終了です。

 

次は右のローギヤ側への変速レバーの裏側にあるボタンを押すと、緑のLEDが点灯して、点滅したらボタンを放します。

次は左のトップギヤ側への変速レバーの裏側にあるボタンを押すと、緑のLEDが点灯して、点滅したらボタンを放します。

 

これで前後メカと左右のeTAPレバーのペアリングが完了しました。

右変速レバーを短く押すとローギヤ側へ変速。左変速レバーを押すとトップギヤ側へ変速します。

短く押すと1段ずつ、長く押すと押している時間だけ変速を連続してします。

左右の変速レバーを同時に押すと、フロントが現在のチェーンの位置から素早くモーターの力でチェーンケージを動かして変速します。

 

例えばアウターギヤ×ローギヤのように、チェーンが斜めにドライブしてもフロントメカの羽(チェーンケージ)を小さく動かして、チェーンとの接触を防ぐ、オートトリム操作機構がありません。

オートトリム操作がなくても斜めにドライブするチェーンがチェーンケージに接触しないように、羽の形状も開発され、羽の内外への動きもチェーンタッチを解消するように設計されています。

 

組み合わせ可能なコンポーネントパーツは、基本はスラムレッドやスラムの11段コンポーネントでしょう。

 

マニュアルでは互換性があるとは書かれていないと思いますが、eTAPは11段フリーはカンパニョーロ、シマノ、スラムのスプロケットやチェーンも11段用なら使えます。

 

チェーンホイールは11段用も10段用も使えました、ただし自己責任での使用になりますよ。

電動メカらしく、前後メカとも強力なモーターで強制的にチェーンを移すので、特にアウターからインナー、インナーからアウターへのチェーンの移りは素早く、レスポンスのいい変速を楽しめます。

 

これで今週末のライドは、スラムレッドのeTAP 装備で走れそうです。

おかげで、ワイヤレス&電動メカの取り付けやペアリングやインデックスの同調不良解消の方法も確認できたし、安心して走れそうです。

 

シマノのDi2、カンパニョーロのEPS、スラムのeTAPの組み付けやインデックス変速の調整、ペアリング、緊急事態の解消、充電池の管理、エレクトリックコードの管理、プラグの接続の管理など、電動メカならではの気にすることが増えるけど、電動メカは指先でスイッチングしてスムーズな変速になりますね。

 

ではでは。

| - | 21:52 | comments(0) | - | - | - |