CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
月刊サイクルスポーツではおなじみのフリーライター藤下雅裕氏によるブログ「自転車生活」。
<< 藤下さんの「自転車生活」VOL.392 | main | 藤下さんの「自転車生活」VOL.394 >>
藤下さんの「自転車生活」VOL.393

マヴィックのクイックレリーズ

フランスのディジョンの工業地帯に、泥よけや変速機やギヤクランクなど、自転車パーツメーカーが点在していました。

そんな中に変速機やギヤクランク、チェーンガード、シートポスト、クイックレリーズなどを製造していた

サンプレックスというメーカーがありました。

 

リヤ変速機は金属製のスライドシャフトの究極のモデルと言われたJUY543

ダブルテンションの縦型パンタグラフの樹脂ボディへ変遷して、アルミ合金製のダブルテンションの縦型

そして最終型はアルミ合金製のダブルテンションの横型パンタグラフになりブランドの終焉を迎えます。

サンプレックスにもクイックレリーズがありましたがユニークな形状でした。

クイックレリーズの元祖のカンパニョーロは、クイックシャフトのヘッド部分に円い穴を開けて

そこへハウジングをかぶせて、90度に曲がったクイックレバーに付いた

径の大きいエキセントリックカムをヘッド部分に貫通させて、開閉機構にする構造でした。

 

サンプレックスのクイックレリーズの構造は縦型のエキセントリックカムを採用して違っていまいた。

初期のカンパニョーロのクイックレリーズには、エキセントリックカムの反対側の

クイックナットをクイックシャフトへねじ込んで、クイックレバーの締まり具合を調整できます。

 

そのクイックナットには2本のネジが付いていて

それを締めることで最適な締まり具合の位置にクイックナットをクイックシャフトへ固定することができます。

 

フレームやフロントフォークのエンドの厚さに合わせてクイックナットの位置を調整して

クイックレバーを180度開閉するだけで、ホイールの固定や解除を素早くできるようになっています。

カンパニョーロの後期モデルは、クイックナットのネジは、Cの字型のカンが付き

クイックナットの中にネジと接触する砲金製の小物が埋め込まれ

Cの字型のカンが小物を押してクイックシャフトとの摩擦が増してクイックナットの動きを重くして

固定している位置から動きにくい構造になりました。

 

スチールフレームの時代は、供給フレームと同じエンド素材のフロントフォークとチェーンステーの治具が作られていて

前後のホイールをその治具にセットしてクイックレリーズの締まり具合を、クイックナットの位置を動かして調整して

レース中のホイール交換のスピードアップに役立てていました。

 

クイックナットの動きが重くなる構造にはそういう意味がありました。

サンプレックスのクイックレリーズはもちろんエキセントリックカムを採用していますが

クイックシャフトのヘッド部分に縦方向のスリットを入れて、金属製のハウジングを取り付けて

そこへ真っ直ぐなクイックレバーの先端に小さなエキセントリックカムが付いたモノを組み込んで開閉機構にしています。

 

クイックレバーのストロークは180度で、エキセントリックカムの反対側に付いているクイックナットを回して

クイックレバーの動きの重さを調整してホイールを固定します。

 

カンパニョーロもサンプレックスも90度くらいまでクイックレバーを締め込んだときに

動きが少し重くなるくらいで180度締めると適度なトルクでホイールを固定できます。

この時代のクイックレリーズの素材はほとんどがスチール製でした。

締まり始めからエンドへの固定までの抵抗感などがはっきりしていて

しっかり締まったなという安心感が手に伝わってきましたが、今それを持ってみると何とも重い感じでした。

 

中空ハブシャフトも細い径のスチール製でした。

ハブの左右のフランジをつなぐ胴も細いデザインでした。

現在のハブはアルミ合金製の中空はぶシャフトが上級モデルに採用されて、用度と軽さが追求されて

ハブの胴も径が大きくなっています。

さてマヴィックのクイックレリーズはサンプレックスの縦方向のエキセントリックカムを彷彿とさせるデザインですが

クイックレバーの動く範囲は90度です。

締め込む段階から少しレバーに抵抗感があって、90度締め込む寸前に乗り越し間がはっきりあってエンドへ固定できます。

 

エキセントリックカムの反対側のクイックナットは、本体が金属製でプラスチックのカバー付きで

クイックシャフトとの摩擦を増す構造になっています。

クイックレバーはエキセントリックカムの部分だけがステンレス製で

レバーの部分もハウジングもプラスチック製で軽量化されています。

現行モデルのマヴィックのクイックレリーズは、クイックシャフトがスチール製ですが

少し前までは軽量な上級モデルにはチタン合金製のクイックシャフトの軽量モデルがセットされていました。

 

これを手に入れたいのですが車輪とセットの店頭デッドストックしかありません。

マヴィックのクイックレバーの締まり具合は分かりやすいし、デザインは好みが分かれるところだけど

ユニークなデザインを気に入っています。

 

しかし、クイックレバーを締め込む時、プラスチック製のハウジングがわずかにズレて

ステンレス製のカムの部分でハウジングをつぶさないように注意する必要があります。

よくやっちゃうんだよな。

ではでは。
 

| - | 21:47 | comments(0) | - | - | - |